Stairs

混声5tetのグループ。2013年米国のアカペラグループVox Oneの作品を中心に活動を開始。VoxOneの曲や他のジャンルも含めてレパートリーを増やしていきたいと考えています。

歌い手が思うこと

The Real Groupのライブ

The Real Groupのライブを、Stairsの面々と一緒に楽しんだ!

41955037_1910720052338110_1495288242717589504_n

メンバーで一緒に同じライブを見る(聴く)ことの効用は
計り知れないと思うのだ。

今日の時間は、必ずや今後の練習に生きて来るだろう(と思う)。
また、皆のタイミングが合ったら、メンバーで世界の優れた
アカペラ・バンドの歌を聴きに行く機会を作ろうと思う。
(Bass)

The Real Groupのライブを楽しみに昼間の仕事を頑張りました^^;
Stairsのメンバーと一緒に観ることができて幸せ❤️
カッコよくて素晴らしかったー❗️
やっぱり体の軸がしっかりしてるなぁ。

夢のような演奏は透き通るハーモニー。
綺麗すぎて身体の中にスゥーっと入り込んでしまい跡形もない感じ。
演奏とはそのようなものかもしれない。
だからまた聴きに行くのだ。
(Sop.)

42153728_1910904655652983_973182990194573312_n

私たちのために生まれた歌

私たちのために生まれた歌。
編曲して下さったM氏に心から感謝です。
感動的な初稽古でした。
(Sop.)

41141917_1840105102710517_5891817006868463616_n

待ちに待った楽譜が送られて来た。
それぞれのパートには私たちの名前が書かれている。
そう、僕ら五人のために書かれた譜面。
初回の練習は、皆平静を装っていたが、
何となく特別の思いもあった。
この曲を歌えるようになって、
深めていこうと、多分皆思っている。
(Bass)

いつも応援してくださり、ありがとうございます!

2016年も残りわずかになってしまいましたね。
 
今年のStairsは、6月札幌ライブ、11月オーダー家具「家具蔵」での
ミニライブと初のアカペラジョイントライブ、12月クリスマスライブを
行いました。 

12月のクリスマスライブでは、VoxOneの松岡由美子氏&ご主人様にも
聴いていただき、本当に幸せな一年を過ごすことができました。

お忙しい中、ライブにご来場いただいたすべての皆さまのおかげです。
いつも応援してくださり、ありがとうございます! 

結成3周年を迎え、Stairsは次のステップに進んでいることを実感しています。
今年以上に成長したStairsを聴いていただけるように励みたいと思います。

来年もよろしくお願いいたします。

12

We must be crazy !

We must be crazy ! 

彼女のハーモニーは、おそろしく魅惑的だ。と同時に 
彼女のハーモニーは、おそろしくミステリアスだ。だから 
私たちは、松岡由美子さんのハーモニーに魅了されてしまった。その結果 
私たちは歌うことをなかなか楽しめない。 
そこまで行かないのだ。行けないのだ。 

1

 それでも、私たちは松岡由美子さんのハーモニーを歌いたい。 
鳥肌が立つようなハーモニーを聴いてもらえるようになりたい。 
たとえ拙い発音でも、彼女が紡いできた英語の歌を歌いつづけたい。 

14797487_1151753544901435_1349905344_n
 
 もしかしたら、これは無謀な挑戦かもしれない。 
あるいは、惚れ込んでしまった弱みかもしれない。 
どっちでもいいや。 
 
どっちでもいいけど、こんな気持ちを込めて 
“ We must be crazy ! “ 
と思わないでもない、私たちなのです。 
(Alto)  

~松岡由美子さん~
------------------------------------------------------------------------------------
高校時代に魅せられたアカペラの夢を実現させるべく1986 年ボストンのバークリー音楽院へ留学。
卒業後同校ス タッフを経て、現在聴音(Ear Training)学科教授。1988 年、同校学生時代に
アカペラアンサンブル Vox One を 結成。Vox One の中核作編曲者の一人としてその作品の評価は
高く、米国や日本のグループから委嘱を受ける 他、アカペラワークショップ、選抜高校生アンサンブル
の指揮、コンテスト審査など幅広く活動を続けている。(アカペラアンサンブル「The Water is Wide」より抜粋) 
------------------------------------------------------------------------------------

新年のご挨拶

皆さま

明けましておめでとうございます。

紅白を見ていて感じたんだけど、
ちゃんとした歌には気持ちを込めた感情も大切だけど
独自の世
界観が必須ですな。

Stairsにはまだどちらも不足しているのだけど
「世界観」
を持つのはなかなか至難の技だなぁ。

〜Bassより(竹鶴を飲みながら)

新年の挨拶
プロフィール

Stairs

ずっと憧れていた Vox One の曲を歌おうと混声5tetのグループがスタートしました。
その他のジャンルも含めてレパートリーを増やしていきたいと考えています。

Instagram (Bass)
Instagram
  • ライブドアブログ