Stairs

混声5tetのグループ。2013年米国のアカペラグループVox Oneの作品を中心に活動を開始。VoxOneの曲や他のジャンルも含めてレパートリーを増やしていきたいと考えています。

2018年11月

Practice163

テンポを遅くしての、"Mr.Sandman(Club for five)"の
音取りのところから参加。

47096247_595778177508844_2320423035909177344_n

こちらは、三回で仕上げるなどの切迫感はないから、
まだ十分には歌えていなかったが、次の曲の練習に移った。

1時間前の練習と比べて微妙な違和感を感ずるも、
オレもあまり練習して来てないので何ヶ所か間違って
歌っており(一番足を引っ張っているかも知れず)
皆から建設的な意見が出るところまでは行かなかった。

47048448_291980924776182_4610569666232844288_n

やはり、Stairsは、自分たちだけの練習のみでは
気付かない点もありそうなので、ちゃんと歌えるように
なった曲を題材に、客観的に見てくれる方のアドバイスを
定期的に受ける必要があると感じた。

それと、時々遠征に行くのも良いのではないかとも思った
(どうしてかの理由は後日)。

Stairs、今後しばらくの練習曲は、
What Child is This
Lovin'You
時代
Amazing Grace
Mr.Sandman
となった。楽しみ。^ ^
(Bass)

47000695_1025534404285731_5910079272235565056_n

「時」Stairs 7th LIVE

Stairsの5周年ライブ、
ご来場ありがとうございました。

_DSC6664 (1)

色々ありましたが5年で育んだ
メンバー同士の信頼関係が演奏に
反映されてきたように感じます。

少人数アンサンブルのスタートに
近づくことができて嬉しいです。

これからも、ゆるりと楽しんで行きたいです。
(Sop.)

_DSC6705

凡ミスはやっちまったけど、
全体の流れや和音にはそれなりに
貢献出来たから爽快感がある。

Stairsの歌は、
少しづつ"まとまりのあるもの"に
近付いて来ていると感じる。

ソプラノが言っていたけど、
ようやくスタートに立てた感じ。
これからだ。^ ^
(Bass)

_DSC6695

Practice162

Stairsの5周年ライブ前最後の練習が終わってしまった。

20181106_193611

5人で歌うことの楽しみを味わえるようになった今日この頃
もっともっとこの時間を楽しみたいと心から思う。
少しずつの歩みですが応援していただけたら嬉しいです。
11/10はこのマイクに気持ちを込めて、伝えましょう。
(Sop.)

45640412_1918344841553209_1282992583416479744_n


全曲通し。

それぞれの微妙な課題が、五人のバランスに
影響を与え合いながら曲が進行する。
身体から出る汗は結果としての準備不足の証。

20181106_193525

"本番では、もう少し柔らかくTIMEに乗っていきたい。"
意思を強く持ってなるだけ無駄な笑顔で楽しもうと思う。
(Bass)

20181106_193604


Practice161

ライブに乗せる曲、全曲を通した。
進行も大体決めた。

何時も自主練でiTunesのVox OneやMidi音源と歌っていると
Stairsのメンバーでの歌い方の方が馴染んいない気がして焦るなど・・・。^_^;
あと一度の練習で自分の感覚をもっと馴染ませなくては。
(Bass)

45033193_438082926721005_1836056205022199808_n
プロフィール

Stairs

ずっと憧れていた Vox One の曲を歌おうと混声5tetのグループがスタートしました。
その他のジャンルも含めてレパートリーを増やしていきたいと考えています。

Instagram (Bass)
Instagram
  • ライブドアブログ